1型糖尿病と2型糖尿病治療について解説

1型糖尿病と2型糖尿病

糖尿病の定義

糖尿病はインスリンというホルモンが関与する疾患で、その型は1型糖尿病2型糖尿病の2つに分けられます。

糖尿病と診断されるには、血液検査や自覚症状で以下の基準を満たすことが必要となります。

空腹時血糖値 ≧126mg/dl(正常は≦110mg/dl)
随時血糖値 ≧200mg/dl
75gブドウ糖負荷試験2時間値 ≧200mg/dl(正常は≦140mg/dl)
HbA1c ≧6.5%(NGSP値)

いずれかが当てはまると、”糖尿病型”と診断され、糖尿病型の検査値を別の日で2回以上確認した場合、 ”糖尿病”と診断されます。ただし、初回にHbA1cのみが基準値を超えているだけでは糖尿病とはなりません。

糖尿病には上記の検査値以外にもいくつか特徴があります。

糖尿病症状(口渇、多飲、多尿、体重減少)
HbA1cが6.5%以上
糖尿病昏睡
糖尿病性網膜症
糖尿病性腎症
糖尿病性末梢神経障害

糖尿病治療の真の目的は、その三大合併症である網膜症、腎症、末梢神経障害への進行、そして動脈硬化(血管壁が硬くなり血管が腐る)を予防することにあります。

↑糖尿病診断フローチャート。(JDS=日本糖尿病学会より)

↑糖尿病薬の作用機序全体図。(調剤と情報より一部改変)

参考・引用サイト→愛知県薬剤師会

TOPページ相互リンク

管理薬剤師.com高血圧治療.com(高血圧を知る)高脂血症治療.com

相互リンク

病気関連リンク
その他

Copyright© Wakabagari. All rights reserved.
合計:昨日:今日: