1型糖尿病(IDDN)について解説

1型糖尿病と2型糖尿病

1型糖尿病(IDDN)とは?

インスリン依存型:5%

膵β細胞が自己免疫により破壊され、インスリンの生産が完全に停止して、絶対的なインスリン不足に陥る疾患。 自己免疫とは、自分のすい臓を自分の体が異物と判断して攻撃してしまうことです。

HLA遺伝子に誘因があると考えられている。

発症すると一生続くもので、治療にはインスリンを必要とする。注射は毎日行うことが必要で、血糖をコントロールするため 一日数回の注射が必要。

その多くが20歳未満、特に思春期に発症するため、成人以降に発症するケースは少ない。

Copyright© Wakabagari. All rights reserved.
合計:昨日:今日: