1型糖尿病の治療について解説

1型糖尿病と2型糖尿病

1型糖尿病の治療

T型の場合は、絶対的にインスリンが不足しているため、一生涯にわたってのインスリン注射と、食事療法、運動療法を併用して いくことが必要です。

運動療法は、インスリン治療を行っている人がインスリン注射後に行うと、インスリンの吸収と作用が増強され、低血糖を起こす可能性があります。

インスリン治療者の運動の原則は、食後に行うことで、運動する予定がある場合は、インスリン量を減らすという対応が必要な場合もあります。

Copyright© Wakabagari. All rights reserved.
合計:昨日:今日: