インスリンについて解説

1型糖尿病と2型糖尿病

インスリンの作用

高血糖により上昇するホルモンで膵B細胞から分泌される。肝臓でGULT4を活性化してグルコースを細胞内に取り込みグリコーゲンを作る。

インスリン分泌のメカニズム

インスリンの分泌

1、グルコースが膵β細胞のGULT2という酵素を活性化する

2、ミトコンドリア内でATPが作られ、それがKチャネルを閉口する

3、閉口により生じた脱分極によって、Caチャネルが開口し、Caの流入が起こる

4、Caによりインスリンが血中に遊離され、標的細胞のチロシンキナーゼ型インスリン受容体に結合し、作用発現及び、GULT4を活性化することでさらにグルコースを細胞内に取り込めるようにする

インスリンの影響

・インスリンが機能しないとグルコースの取り込みが悪くなり、細胞質(解糖系)へ移動できず、ましてやミトコンドリア(TCA回路)までにも行けないためATPが合成できなくなる。糖によるATP不足を補うために脂肪分解が促進する。

・グリコーゲンを合成する時、血清K+を細胞内に取り込む作用も持つ。 →高カリウム血症の治療

・インスリンはAキナーゼやCキナーゼを活性化しないためリン酸化できないと思うが、チロシンキナーゼ受容体それ自体がリン酸化酵素として働くため大丈夫。

Copyright© Wakabagari. All rights reserved.
合計:昨日:今日: