低血糖について解説

1型糖尿病と2型糖尿病

低血糖とは

低血糖とは、発汗や手指のふるえ・不安感などの不快な症状が突然現れることをいいます。

糖質の90%は脳で使われるということからも、低血糖になると、脳の働きが鈍くなり、めまいとして症状がでることもあります。

低血糖の症状

正常では、血糖値は常に70mg/dL以上に維持されており、低血糖は50〜60mg/dL以下の状態をいう。

血糖値が80mg/dL付近まで低下すると膵からのインスリン分泌は減少し、70mg/dL付近まで低下してくるとインスリン拮抗ホルモンであるカテコールアミン、グルカゴン、コルチゾールなどが分泌され、血糖が低下しないように作用する。

この際、カテコールアミン分泌により動悸、冷汗、振戦、高度の空腹などの自律神経症状が出現し、脱力感、思考力の低下、錯乱などの中枢神経系症状は脳神経のブドウ糖の欠乏によって起こる。血糖値30mg/dL以下になると意識レベルが低下し、昏睡へと進行し、低体温、けいれんをきたす。 昏睡に陥って4時間以上経過すると脳浮腫をきたし、死に至ったり、回復しても脳機能障害を残す可能性があるため、高血糖よりもむしろ危険である。

低血糖の原因

原因としては、

  • 食事量が少ない、食事時間が遅れる、決められた捕食を摂らなかったなど食事によるもの
  • 運動量・労働量が多すぎる、長時間の強い運動
  • インスリン製剤・糖尿病薬の増量、服用時間の変更、併用薬剤によるもの
  • 飲酒(特に空腹時に糖質を摂らずに飲酒)、月経開始時(ホルモンバランスの変化)

などがあります。

低血糖の時間帯

低血糖の時間帯としては、空腹時、食前、長時間の強い運動中(直後)など

低血糖の対処法

ブドウ糖(5〜10g)又は砂糖(10〜20g)やこれらを含む飲料を摂取する

ただし、αグルコシダーゼ阻害薬を服用している場合は砂糖でなくブドウ糖を摂取する。

アイスクリーム、チョコレート、キャラメル、飴などは消化吸収や溶けるまでに時間がかかるため緊急用には適さない。

低血糖の予防法

予測できる時はあらかじめ、1〜2単位(1単位=80kcal)程度の捕食を摂取する

Copyright© Wakabagari. All rights reserved.
合計:昨日:今日: