DPP4阻害剤の作用機序について解説

1型糖尿病と2型糖尿病

DPP4阻害剤

DPP4阻害剤
DPP-4作用を阻害することにより、インクレチンGIPとGLP-1の血中濃度を高め、 糖濃度依存的にインスリン分泌を促進させ、血糖値を低下させる。また、食後のグルカゴンの分泌は抑制するが、低血糖のグルカゴンの分泌は抑制せず、高血糖のみ血糖改善効果を示す。

気がついたときにできるだけ早く飲み忘れた分(1日分)を服用するが、次の服用時間が近い場合は飲み忘れた分は飛ばして、次の決められた時間に服用する 食事摂取により影響されないことがわかっている
ジャヌビア
グラクティブ
(シダグリプチン)
通常、成人には50mgを1日1回経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら100mg1日1回まで増量することができる。グリニドのみ併用できず。
<用法・用量に関連する使用上の注意>
本剤は主に腎臓で排泄されるため、中等度腎機能障害のある患者では、用量調節すること。
ネシーナ
(アログリプチン)
25mgのみの規格。増量できないが、ジャヌビア50mgより強いと言われる(byメーカー)。インスリン、グリニド併用できず。
エクア
(ビルダグリプチン)
1日2回の上に、SU剤とのみしか併用できないのが難点。
トラゼンタ
(リナグリプチン)
スルホニルウレア剤、速効型インスリン分泌促進薬、ビグアナイド系薬剤、チアゾリジン系薬剤及びα-グルコシダーゼ阻害剤との併用についての臨床効果及び安全性は確立されていない。もちろんインスリンも。単体投与が原則。
スイニー
(アナグリプチン)
1日2回。インスリン、グリニドが併用できず。
<主な副作用>
・低血糖→単独では極めてまれであるが、SU剤との併用する場合、低血糖のリスクが増加するおそれがある。
・全身が赤くなる、息苦しい、唇や舌、手足がしびれる→アナフィラキシー反応
・高熱、のどが痛い、関節が痛い、皮膚が斑に赤くなる、水ぶくれができる
→皮膚粘膜眼症候群 (Stevens-Johnson症候群)
・顔に発疹ができる、顔が斑に赤くなる、全身の皮膚が赤くなる→剥脱性皮膚炎
・胃腸障害

◇インクレチンとは

インクレチンは、食事摂取時に消化管から分泌されて膵β細胞からのインスリン分泌を促進するホルモンの総称であり、小腸上部の十二指腸・空腸の粘膜上皮細胞に存在するK細胞から分泌されるGIP(Glucose-dependent insulinotropic peptide)と下腹部小腸の回腸粘膜上皮細胞に存在するL細胞から分泌されるGLP-1(Glucagon-like peptide)の2種類が知られている。

GLP-1はインスリン産生と分泌を促進する作用以外に、膵臓β細胞の増殖や新生の促進、グルカゴン分泌抑制、胃排泄遅延作用、中枢を介して食欲の抑制など血糖値を下げる働き、心筋保護作用を有する。一方、GIPの作用は、インスリン分泌増強作用に加えて、胃酸分泌抑制、ガストリン分泌抑制、脂肪細胞での脂肪蓄積作用、骨芽細胞でのカルシウム蓄積作用などがある。

GIP 及びGLP-1は、食事やブドウ糖の刺激により、血糖値の上昇に伴って細胞内Ca2+濃度が上昇するとインスリン産生と分泌を促進し、膵臓β細胞の7回貫通型G蛋白共役受容体であるGIP 及びGLP-1受容体に作用できるが、それぞれ単独、もしくは血糖値が低く細胞内Ca2+濃度の上昇がみられない状況下では、インスリン分泌を刺激しない。このため、低血糖をきたしにくいが、これらは、血管壁内に広く存在するDDP-4酵素により速やかに分解・不活性化されて腎臓より排泄されるため、GIPの血中半減期は約5分、 GLP-1は約2分となっている。

Copyright© Wakabagari. All rights reserved.
合計:昨日:今日: