その他の検査値について解説

1型糖尿病と2型糖尿病

C-ペプチド(CPR)

β細胞でインスリンが生成される過程(プロインスリン→インスリン+C-ペプチド)の副産物で、インスリン分子と1:1対応する。 空腹時CPR 0.5ng/ml以下:インスリン依存状態 空腹時CPR 1.0ng/ml以上:インスリン非依存状態

インスリン抵抗性指数(HOMA-R)

HOMA-R=空腹時の血糖値×空腹時血中インスリン濃度(IRI)÷405 インスリン抵抗性を把握する検査法で、1.6以下が正常、2.5以上が異常

空腹時血中インスリン濃度(IRI)

15以上の場合に、インスリン抵抗性の存在が疑われる。

Copyright© Wakabagari. All rights reserved.
合計:昨日:今日: