糖尿病と糖尿病昏睡について解説

1型糖尿病と2型糖尿病

糖尿病昏睡

糖尿病性昏睡とは、(ケトアシドーシス+脱水)による意識障害を言います。 尿中の糖が多くなると、糖の濃度をうすめる方向に血液中から水が流れ込みます。その結果として、細胞内脱水(やせ)が起こります。
また、糖からエネルギーを得ることができない(糖代謝異常)ことから、脂肪の分解が亢進するも、 TCAサイクルが抑制されているためにアセチルCoAの蓄積を起こし、ケトン体が上昇します。 ケトン体は弱酸性のため、血液が酸性に傾きます。

Copyright© Wakabagari. All rights reserved.
合計:昨日:今日: