糖尿病性網膜症について解説

1型糖尿病と2型糖尿病

糖尿病性網膜症

グルコースからポリオール経路にて作られるソルビトールは、細胞膜を透過できないため、グルコースに比べて血中に 蓄積しやすい上、ソルビトールから作られるフルクトースは蛋白質(ヘモグロビン、血小板など) との結合がグルコースの10倍以上も高いため、糖化蛋白質 になりやすく、血管壁を傷つける作用は強いです。
―→網膜、末梢血管、腎血管の損傷

Copyright© Wakabagari. All rights reserved.
合計:昨日:今日: